小説を読む

最近まで小説を読むことをしていなかった。

たまたま読書グループの課題で小説がはいって

面白くて夢中になるものと

なかなか読むのが苦痛なものがあった。

この違いは

まず登場人物の名前と関係がわかりやすいか

特に外国人のなまえの長いのはまず覚えられない。

あと恥ずかしい話、読めない漢字(はじめはルビがあっても)

よく出るものもなかなか進まない。

あと暗い話題も苦痛で途中で投げ出してしまう。

ストーリーの先を知りたくなる展開の小説だと

いつもは寝てしまう通勤時間も惜しんで詠んでしまう。

最近良かったのは。

高田郁さんの あきない正傳金と銀シリーズ

おなじく みおつくし料理帖シリーズ

秋川滝美さんの 居酒屋ぼったくりシリーズ

などここ数ヶ月ハマったシリーズです。

Follow me!

前の記事

アシスト自転車体験

次の記事

笑顔の効用