教科書の役割

過去を思い出しながら

教科書の役割手なんだろう

基本を身に着けさせるための役割

基本てどうしても無味乾燥になりがち

それを補うのが先生や副読本なんだろうな

本当に基礎が身につけば

応用が効く

これは知識も最低必要だけど

知恵にしていく過程を

昔、素読と行って教材をひたすら

自然と出るまで繰り返す

そう九九や英語の動詞変換を何度も復唱していたな

そう何度も素読に耐えられるもの

それが教科書

知識はいまはいくらでも調べて勉強できる

本当に体に染み込ませる内容

それを教科書と使用

知識は入門書という呼び名だね

Follow me!