街の歴史を知る

現在住んでいる相模原市の歴史は面白い。

相模川を含めた川沿いは縄文期や弥生期の遺跡もおおいけど

もともと川の流れの無い台地だったので明治になるまであまり

歴史に出て来ることもなかったらしい。

絹製品を扱うようになって街ができ。

広大な原っぱが軍の訓練場や学校、武器庫などの軍の施設ができ道路の整備も進んでいった。整然とした道路網はちっとびっくりした。

また平坦な地形を活かした基準線を始めてて、日本の西洋式測量の発祥の地でもある。

戦後は早くから工業団地を誘致、そこではたらく人の住宅も盛んに作った。

時代はどんどん動いている、これからは新しい展開が楽しみです。

 

 

Follow me!

前の記事

読書ノート

次の記事

オクラの効能