経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する 上念司著

織田信長のタイトルに惹かれて読み始めたが

むしろ鎌倉時代から戦国時代までの

様々な戦乱や幕府の栄枯盛衰を経済面から解釈して

なぜあの乱が起こったのか、

室町幕府の義満の時代がなぜ起こったのか

経済を絡めるとすごく納得行くお話でした。

おそらく他の世界の戦争も同じような原因なのかもしれない。

また歴史の教科書には出てこない寺社勢力が

経済を立てに政治を動かしていた話は非常におもしろい

また信長がなんであんなに本願寺と戦ったのか

歴史のイメージが大きく変わる一冊でした。

Follow me!

前の記事

3連休