計画にはトラブル対応も用意

計画を立てていつもそのとおりにならないことが多い

だから計画段階で予想される障害を考えておき

その計画も入れておく

プランのそれぞれに記号や名前を漬けておく

プランの変更や内容が記号や名前で

共通認識できるようにすること

A案、B案、C案

A-1はA案の1のトラブル発生可能性と対応

それぞれ問題の発生可能性を考える

土もその前に計画をまず建てないと

どうするのか決めないと

変更点が見えてこない。

Follow me!

前の記事

アウトプット大全 

次の記事

思うことは言葉にする